ストーカーに諦めさせる方法とは?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害に日々悩んでいる方は「どうにかして現状を脱したい!」と考えている方ばかりだと思います。

日々続くつきまといに神経をすり減らして、身も心もボロボロになってしまうストーカー被害者も少なくありません。

そこでストーカー被害者の願いと言えば、どうしたらストーカーは諦めてくれるのか、という点でしょう。

ストーカーに諦めさせる方法があるのでしょうか。

ストーカーが諦めるときは自分に不利益になるとき

ストーカーが諦めるときのケースを考えてみたいと思います。

どれだけ拒否をしても、どれだけもうやめてほしいと言っても全く収まらないストーカー行為。

そのストーカー行為を収束させるためには、ストーカーにとって、ストーカー行為が不利益になると自ら判断したときでしょう。

なにしろストーカー被害者に対して、どれだけ拒否をされようとも「話をすれば分かってくれる」と心から信じているんです。

被害者に対して「嫌われる」という感情はストーカーにとっての不利益にはなりえないのです。ストーカー行為そのものが自分の不利益になる、と思わせたときでなければストーカーは諦めてはくれません。

ストーカーだって自分の生活が大切

ストーカー行為が不利益になるケース、とは一体どんな場合なのでしょうか。それはストーカー行為によって職を追われたり、仕事に支障が出たりするなど、自分のこれまでの生活が脅かされるケースです。

その一番大きな武器となるのがやはり警察から逮捕されること、でしょう。

例えば仕事に就いているストーカーだったとして、いくら勤務態度が真面目でもストーカー行為で逮捕されれば、会社の耳に入るのも時間の問題。

ストーカーとして逮捕された人間を会社はどう思うでしょうか。

それを考えるとストーカー自身も「職を失うかもしれない」と考えます。まず自分の生活基盤あってこそなので、逮捕されるかもしれない、とストーカーに思わせれば、それが諦めてくれるタイミングとなるでしょう。

ストーカーを諦めさせるためにできることは?

ストーカーを諦めさせるには、ストーカーに「逮捕される可能性がある」と思わせるのがポイントです。

ではそのためには何をすればいいのかと言えば、ストーカーをされている証拠を集めるのが一番でしょう。

・執拗に送られてくるメール
・繰り返されるSNSへの書き込み
・プレゼントなどを繰り返し送付してくる

など、色々なストーカーの定義に当てはまる行為を記録しておくようにします。メールやSNSへの書き込みは内容だけでなく、日付や時間なども記録できるとなおいいでしょう。それに家の前の防犯カメラの映像なども大きな証拠になります。

なぜならこれらの証拠が揃わないと、警察も動くに動けないからです。逆に証拠さえそろっていれば、こちらにかなり大きな武器となるのは間違いありません。

ストーカーは拒否されても変わらないと考える

ストーカー被害者にとって大切なのは、どれだけこちらが「嫌だ」と言っても、ストーカーの加害者にはまるで伝わっていない、と考えるべきです。

仮にやめてほしい、と言うメッセージが伝わっていればありがたいのですが、ストーカーの心理としては拒否をされればされるほど執着します。

「話をすれば分かる」

「そんな貴方が怖がっているような人じゃない」

と思っています。被害者が誤解をしていると思い込んでいるんですね。

その誤解を解こうと、これまで以上に躍起になってこちらに接触を試みてくるんです。

社会的にダメージを受けるのをストーカーは嫌がる

実際にストーカー行為をやめるよう通告しても、ストーカーにとって社会的ダメージはありません。

ただこれが公権力によって裁きを受けたらどうなるでしょうか。いわゆる警察に逮捕されたら……ということです。

職を失い、家族がいれば家族を失う可能性もある。

さらに自分が生まれ育った土地であれば、あっと言う間に噂は広がってしまうでしょう。

こうした社会的なダメージが大きくなってしまうかもしれない。と考えたときにストーカーを止める抑止力になってくれるんです。

誰だって警察に逮捕などはされたくないものです。ストーカーが諦めるときは、説得されたからという場合は少ないんです。

自分が社会的にダメージを受ける可能性があると感じると、ストーカー被害は大きく減っていく可能性があるでしょう。

ただ社会的ダメージを受けてでも「殺してやりたい!」というデンジャーの状態となったストーカーは、個人の手に負えるものではない可能性があります。

そのあたりの見極めはなかなか難しいものがありますので、ぜひ相談をいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です