SNSやネットでストーカー被害に遭わないために

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

元々ストーカーは、顔見知りの犯行がほとんどを占めていましたが、急激に増えつつあるのがSNSを元にしたストーカー。

ストーカー被害者は知らず知らずのうちに個人情報や居場所を流出させてしまっているのかもしれません。

一度チェックしてみてください。

アップされる写真に位置情報が埋め込まれている!?

写真を撮影するときに保存されるのは、実は写真だけではありません。

お使いのスマートフォンやカメラの設定にもよりますが、どこで撮影されたものなのか、位置情報が埋め込まれてしまっている場合があります。

位置情報が削除されていなければ、アプリなどで位置情報が確認できてしまうのです。

そのため必要なければスマホで撮影したときに位置情報が記録されないようにしておきましょう。

方法はスマートフォンによって違いますが、設定→アプリ→カメラと辿っていくと、このような画面が出てきます。

ここで位置情報をOFFにしておきましょう。

これでスマートフォンで撮影された画像に、位置情報は入らなくなります。

自宅からの眺望を背景に入れるのは危険

よく自撮り画像をSNSへアップされている方がいます。

高層マンションにお住まいの方や自宅近くのカフェから、などというメッセージとともにSNSを上げている方も多いでしょう。

特に気を付けた方がいいのが、自宅からの眺望を背景にしてしまうのは避けましょう。

「こんないいところに住んでいるんだよ」

と、フォロワーからいいねを集めたい気持ちも分かりますが、最近のスマートフォンのカメラは非常に高性能。

大きなランドマークがいくつか確認できれば、そこから方向を割り出すことは容易です。すると周辺道路の状況もある程度あたりが付けられます。

そして過去の投稿などを遡って「○Fに住んでます」などのメッセージを見れば、かなり住所は絞り込めてしまうものです。

「ついうっかり」郵便物などが移りこまないように

室内の様子を撮影した写真も同様です。机の上に郵便物を置いておく方も多いと思いますが、これまたスマートフォンのカメラが高性能となることで、拡大すると文字まで見えてしまいます。

郵便物が移ってしまうと、住所や部屋番号、本名までを世界に発信しているということになってしまいます。

自分の行動をSNSに 行動パターンがばれる

自宅でのセルフィー以外にも、よく行く飲食店や職場近くのレストランなどを定期的にアップしている方は行動パターンが読まれてしまう危険性もあります。

本当にストーカーをしようという人は、過去の投稿まで遡って隅から隅までチェックしています。

○曜日の夜はここにいる確率が高い、会社のランチタイムはここによく来ている、帰宅は○○駅に何時くらいの電車に乗ることが多い。など。

ストーカーをしない人にとっては何気ない投稿でも、ストーカー加害者にとってはあなたの居場所を割り出すための貴重な情報源なんです。

炎上したときに怖い「スネーク」とは?

SNSではまれに炎上商法と呼ばれる、他人からの反感を買ってわざと注目を集めようという手法も存在します。

こうした炎上をした人のアカウントには必ずたくさんの注目が集まるものです。そしてネット上での匿名。さらに集団心理によって面白がって炎上したアカウントの特定が始まります。

こうした炎上したアカウントの身元を調査する人などを指して「スネーク」と呼ばれています。

元々は確かゲームのキャラクターのニックネームだったと思いますが、こうしたスネークと呼ばれる人も、ストーカーと同じほうにSNSなどから情報をたどっていきます。

もちろんSNSで炎上などしない方がいいのですが、もし炎上してしまったら、個人を特定されて個人情報が日本全国にバラまかれます。

ストーカーでも同様のことが言えますので、SNSの対策は万全を期していただくようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です