ストーカー行為をやめた瞬間ってどんなとき?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害者にとっては「本当にやめて欲しい!」と常々考えているでしょう。しかしこれがなかなか収まらないものです。

ストーカー被害に悩まれている方にとっては、ストーカーの加害者が、ストーキング行為をやめた瞬間について、どんな心理状況なのかを知りたいという方も多いはずです。

一般論にはなってしまいますが、いくつか事例を紹介したいと思います。

ストーカー行為をやめた瞬間:警察からの警告

ストーカー行為をやめた瞬間、というのはやはりストーカー行為に対する代償があまりに大きいと知ったときです。

例えば逮捕などをされてしまえば会社や家族にもバレてしまうでしょうし、それだけならまだしも、解雇や離婚など、社会的なダメージを負う結果になってしまうかもしれません。

そんなときにはさすがのストーカーもちょっと立ち止まって考えるんです。

警察から警告を受けて、さらにストーカーを繰り返してしまい逮捕までされたらたまったものじゃない、と思えばストーカー行為は治まります。

ストーカー行為をやめた瞬間:治療をした

ストーカー加害者の中にも、ストーキングをしているから治療へ行くように説得をされ治療を受けてくれる人もいます。

その治療が成功したとき、「ストーカー」を認めることができ、脱却できる加害者もいます。

ストーカーが自発的に「やめる」のはほぼないと思っていい

実はストーカー行為をやめた瞬間はほとんどがこの2つでしょう。

加害者自らストーカー行為に気付き、ダメだと認識し、ストーキングをやめる、というケースはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

ここのところ、殺人事件に発展するような凄惨なストーカー事件は随分おさまっているイメージですが、小さなストーカーの案件は非常にたくさんあるんです。

加害者と被害者の間に入り「盾」に

ストーカー加害者に対して、やはり治療が必要でしょう。ただすでにストーカー被害を受けている方にとっては、そんな時間は待てませんよね。

そのため専門家を間に入れて、一時的に矛先を我々のような機関へと孵るのも1つの手です。

もちろん加害者への電話連絡や、管轄の警察とも連携をとり、被害者の方を守る「盾」となります。

こうした対応は、やはり餅は餅屋。自分で気付けないストーキング行為だからこそ、対応はお任せいただけたらと思います。

メールが何百件も……こんなときは警察へ相談を

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

つきまといや待ち伏せ、自宅へ押しかけるなどわかりやすい「ストーカー行為」は警察へ、と考える方も多いでしょう。

しかし実害が出ていないメールやLINE、SNSのメッセージなどは、どうしたものかと悩んでいる方もいるかもしれません。

メールなどの場合はストーカーになるのでしょうか。

メールやLINE、SNSもストーカー行為に該当

メールやLINE、SNSでのメッセージについてもストーカー行為に該当します。

繰り返しメールなどを送ってはいけないのです。

オ 無言電話、拒否後の連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等
あなたに電話をかけてくるが、何も告げない。(無言電話)
あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてくる。
あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もファクシミリや電子メール・SNS等を送信してくる。

とにかく「拒否すること」がまずポイントなのですが、メールを何通も送り付ける行為は立派なストーカーとなります。

メッセージが何百件も来ているのは「異常」

ストーカーの特徴として、ストーカーは自分本位の考え方をします。メールを異常なほど送り付けたら、被害者はどう思うのか、という相手の立場に立って考えられないストーカー加害者も多いのです。

そのためどうにかして自分の思いを伝えたい、と躍起になっている可能性があります。

ストーカーであることを認識していないか、認められないか、どちらかです。メールが大量に送られてくる、というのは明らかに異常であり、ストーカー行為の1つです。

ストーカーがエスカレートする前に警察へ相談を

メールが大量に届いて、困っているのならばそのまま放置してはいけません。

ストーカー行為がエスカレートして、実害が出る前に警察へ相談をしておきましょう。このとき届いている大量のメールは証拠保全のために残しておきましょう。

ストーカー規制法ができる前はこれだけでは動けなかった警察も、今や変わってきました。

ストーカー加害者に対して、拒否をする反応、次は警察へ通報する、とけん制してもなお、メールが続くようであれば警察へ相談して警告を出してもらうように動きましょう。

また一人では心細い、警察へどう相談したらいいのかわからない、という方は私が間に入ることもできますので、どうかご安心ください。

電話やメールでの相談もさせていただいていますので、ストーカーリカバリーサポートへご連絡をお願いいたします。

ストーカーに遭ったときの自己防衛でできることは?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害に遭ってしまうと、「ストーカーに遭わないように」とは考えるものですが、実際に遭ってしまうと何もできない、声も出せない、という方もいるようです。

恐怖の対象が突然目の前に現れればそれも仕方がないことかもしれません。

そこでストーカー被害に遭ったときに、自己防衛ができるようにどんな対策をしておけばいいのか確認してみましょう。

ストーカーの自己防衛:移動は複数で

ストーカー被害からの自己防衛として、移動は複数人でするのをおすすめします。ストーカーは基本的には一人なので、複数の人間がいればそれだけで抑止力になります。

そのためには親しい友人や家族などに、ストーカー被害に遭っていることを知らせて同行をお願いするようにしましょう。

ストーカーの自己防衛:緊急通報の方法を確認

ストーカーはいつ襲ってくるのか分かりません。つきまといが続いているだけならばまだマシですが、実際に傷害事件などへ発展する可能性はゼロではありません。

そこでお手持ちのスマートフォンをご覧ください。

ロックがかかっている方も多いと思いますが、実は緊急通報に限ってはロックを解除せずともかけられる仕組みになっているものも多いのです。

何か起きてからでも落ち着いて通報ができるように、スマートフォンで緊急通報の仕方をチェックしておきましょう。普通に電話を立ち上げて「110」を押すよりも確実にスピーディに連絡ができます。

ストーカーの自己防衛:警察にストーカー被害を訴えておく

ストーカー被害を受けているだけで、被害を訴えなければ警察はその事実すら知らないままです。

あまりにしつこいようならば基本的なことではありますが、警察へ被害を訴えるようにしましょう。

警察からの警告により、ストーカーがピタリと収まるケースも少なくありません。

ストーカーの自己防衛:防犯ブザーを持つ

もしストーカーに遭遇して、110番をする暇がないときには防犯ブザーも有効です。防犯ブザーは何も小学生の子供だけの持ち物ではありません。

大人にとっても立派な自分を守る道具の1つです。

けたたましい警告音は、嫌でも周囲の視線を集めてしまうものです。

できることを1つずつやっておこう

ストーカーの対策としてできることは、1つずつ小さな事柄でもいいのでやっておくようにしてください。

「もし万が一……」という場合を考えて行動をしていただきたいのです。

何せ事件が起こってしまってからでは遅いんです。

自己防衛をしてストーカー被害に遭わないように、日ごろから対策を心がけておきましょう。

SNSへ投稿する画像を加工して”身バレ”を防ごう

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

皆さんが楽しんでいるSNS。これらの写真から貴方の身元や住所などが特定されてしまう可能性は少なくありません。

「え?こんなことが…!?」

と思う部分までストーカーは探ってきます。

身元の特定は難しくない!?

現在、身元を特定するのにSNSにアップされた画像などが使われています。

ありとあらゆる情報を使って、対象者の情報を暴こうとしてきます。

ストーカーとは少し違いますが、インターネット上で「特定班」と呼ばれる人がテレビの取材で「一般人の特定なら1時間程度で情報入手が可能」と言っていました。

旅行の写真や自宅での料理の写真、あらゆるところに情報源となるものが詰まっているんです。

瞳を解析するのは常套手段

スマートフォンのカメラが高性能になってきており、瞳の中まではっきり映り込んでしまうようになりました。

そこでアップされた写真などを見てみると、瞳の中には色々な個人情報が移っています。

それこそ自宅の窓からの長めや職場、行きつけの場所など、風景がはっきりと映り込んでいる可能性もあります。

試しに自撮りをした写真をアップにしてみてください。

撮影者がいる場合は撮影者などもしっかり映り込んでいますよ。

編集ソフトで瞳の中は加工しよう

フリーの画像編集ソフトがたくさんありますので、瞳の中は加工して個人情報を守るように心がけましょう。

自分で見ても「大丈夫かな?」と感じる程度でも用心するに越したことはありません。

こちらと合わせてご覧ください。

SNSやネットでストーカー被害に遭わないために

こうした特定スキルを今や探偵だけでなく、一般の方も多くの方が身に付けています。

楽しい便利なSNSを凶器へと変えてしまわないよう、自衛できるところは自衛をしていただくよう心がけましょう。

ストーカーの気持ちが分かる動画

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカーは危険、怖い、話が通じない、と色々なイメージを持っている方が多いと思います。

私もストーカー相談の専門家として色々な情報を集めていますが、1つ動画を紹介したいと思います。

実際のストーカーの気持ちを知るには一番いいのでは? と思います。

初めて見たときには私もびっくりしました。

何せストーカーの方と接触して、ホームパーティへ招待するという企画なのですから。

ストーカーは何を考えている?

この動画を見る限りでは

・2週間ほど前からストーカーされている
・自宅もバレている
・ストーカー本人はストーカー行為そのものを「良くない行為」だと自覚している。

こんな状況です。

普通の人は真似をしてはいけません

ストーカーの状態がまだデンジャー、ポイズンになっていない。
ストーカーが1人で女性。
動画投稿者とカメラマン、他複数の男性がいる。

このような状況だからこそ、撮影ができたのだと思います。

決して真似をしないように……。

カバンにナイフなどが入っていれば、ケガだけでは済まされなかった可能性もあります。