ストーカーの被害者と加害者、それぞれに違った治療が必要

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害者や加害者、またはその関係者様と色々お話を重ねていく中でストーカー被害者様を加害者から守ることが最優先です。

これは当たり前なのですが、ストーカー加害者への対応が軽く考えられているケースが目につきます。

ストーカー事件で大々的にニュースになっても、皆さんがニュースなどで知るのはストーカー加害者が逮捕されるまで。

ストーカー加害者は逮捕されてそこで”終わり”ではないのです。被害者も加害者も、それぞれ違った治療をしていかなければ、本当に事件が終わったとは言えないのです。

ストーカー被害者は、加害者を逮捕しても平穏な日常に戻れない

ストーカー被害者は、日々続くストーキング行為に夜も眠れない日の連続。

また異常に神経質になってしまったり、精神的に参ってしまったりするケースもあります。

そこで例えば加害者を逮捕しても、長期間に渡り染み付いてしまった恐怖を、そう簡単に取り除けるわけではありません。

わずかな物音にも過敏に反応してしまう、電話やLINEが怖くて仕方がない。こうした症状が加害者逮捕後も続いてしまうのは当然です。

ストーカー事件などで大々的にニュースになり、加害者が逮捕されれば、ニュースなどでも「逮捕」という区切りがつくため関心は一気に薄れていきます。

しかしストーカー被害者の本当の戦いはこれからが正念場。加害者を逮捕して、そこからまたストーカー行為が始まる前の生活に戻るのは容易ではありません。

ストーカー被害者の心のケアが最優先

こうしたストーカー事件が起きてしまった場合、ストーカー被害者の心のケアが最優先です。

カウンセリングを通じて心のケアをし、職場復帰や周囲の環境を整えるなど、様々なミッションが待ち受けています。

そこでストーカー被害者が元の生活に戻れたとしても、実は被害者は大きな心配の種を抱え込んでしまっています。

それは逮捕された加害者の出所後。

「またアイツが現れたらどうしよう」

こうした心配事がある以上、被害者は真に安心した生活に戻ることはできません。また回復するまでの道のりにも、多くの時間やカウンセリングなどのケアを必要とします。

テレビなどで皆さんがご覧になる以上に、ストーカー被害者の心は蝕まれています。

ストーカー加害者の治療にももっと力を入れるべき

ストーカー被害者のケアは十分に行政の力などをもっと入れるべきではないかと、長年のストーカー行為に関するご相談から感じています。

しかしもう1つ力を入れて取り組みたい問題があります。

それはストーカー加害者の治療です。

加害者は逮捕されて出所してから、また日常の生活に戻ります。ストーカー加害者に対しては平成16年度から治療やカウンセリングを促すように取り組みがなされています。

ただ決して十分とは言えない数字なのです。

「自分がストーカー行為をしている」と加害者本人が自覚して、自分の行動を抑えないことにはストーカー問題の真の解決には至りません。

そのためにはストーカー加害者自身だけでなく、力を貸してくれる専門家の力が必要なのです。

暴徒化したストーカーは第三者の介入が必須となる

まだ事件にまで至っていないストーカーの案件でも、行動がエスカレートして話が通じなくなってしまっている状況の加害者がいるでしょう。

「なんで思い通りにならないんだ」
「こんなに心配しているのに」
「自分の方があなたにはふさわしい」

周囲から、また被害者から何を言われても、こうした思いを曲げられません。

こうなってしまえばいつ暴徒化して、危害を加えるようになるかわかりません。ニュースなどで取り上げられるのは、このように加害者が暴徒化してしまったときなのです。

しかしこれでは遅すぎるのです。こうなる前にストーカー加害者を止めるしか、被害を防ぐ方法はないのです。

こうした状況では第三者の介入が必要になります。しかもストーカー加害者の心理がわかる、専門家の手によって対策を講じるべきなのです。

友人や会社、その他の第三者に助けを求めた結果、逆に加害者のストーキング行為を暴走させてしまう可能性すら捨てきれません。

ストーカー加害者にも救いの手を

元々ストーカーリカバリーサポートは、ストーカー加害者や関係者のケアをするために設立された機関です。

恥ずかしながら私自身が、元ストーカー加害者であることはホームページにもご紹介させていただいています。

元ストーカー加害者だからこそ、ストーカーの心理が手に取るようにわかります。ストーカーは自分一人の力で立ち直るのは非常に難しいのです。

ストーカー加害者は「ストーカー」だと自分自身で気付いていません。それを更生させようというのですから余計に一筋縄ではいかないものです。

しかしストーカー加害者を治療して更生させていかなければ、また同じことを繰り返してしまう可能性は否定できません。

人に危害を加えているという観点では、ストーカー加害者が悪い!というご意見もたくさんいただきます。でも加害者でも治療を受けて更生させていかなければ、ストーカー事件の本当の解決にはならないのです。

もし友人や知り合いがストーカー加害者になっているかもしれない、と感じている方。

ストーカーリカバリーサポートの守屋までぜひご連絡を。まだストーカー行為が種や小さな芽である内に対処すれば、大きな事件への発展は防ぐことができます。

被害者と加害者を同列で見てはいけないのは重々承知しておりますが、加害者にも治療の手を差し伸べてあげられるように、助力させていただきたいと常々感じております。

お気軽にストーカーリカバリーサポートまでご連絡、ご相談をお願いします。あなたの身近な人がストーカーの被害者や加害者にならないために。

ストーカー被害は他人事ではない!危険な目に合う前に

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

フェイスブックやTwitterは日々更新されておりましたが、ブログの更新ができておらずご迷惑をおかけしました。

しかしフェイスブックやTwitterではなかなか伝わりにくいことや、ストーカー被害者様の救済、加害者の更生などこちらのブログでも発信をしていきたいと感じています。

さてストーカーリカバリーサポートでは皆様からのお問い合わせ、ご相談を日々受け付けております。

まずストーカー被害に合ったとき、行動を間違えてしまうと加害者をさらに刺激してしまい状況が悪化する可能性もあります。

ストーカーの6割は知人 あなたも他人事ではない

ストーカーに変貌する加害者のおよそ6割が知人と言われています。

元恋人だったり、お店の常連だったり、接点があるあらゆるところからあなたがストーカー被害者へとなってしまうケースがあるのです。

世の中の事件のイメージで考えると、恋人同士や元夫婦といった方ばかりがストーキング被害に遭われていると思われがちです。

しかし決してこうした関係だけでなく、誰しもがストーカー被害者になりうる可能性を持っています。

ストーカー被害は、じわじわと生活の中に食い込んできて、さらには被害者の心を削り取っていきます。

小さな物音にも敏感になり、常に人の視線が気になる、メールや電話、SNSのメッセージなどを開くのが恐ろしくなってしまいます。

「ストーカーに合っている?」と少しでも感じられれば、まずは自衛が大切です。平穏な生活を守るためにも専門家の手を借りつつ、自分でできる自衛手段は取れるように対策しておきましょう。

しっかりと拒否する姿勢を見せる

ストーカー被害が始まった、と感じれば被害者である方はそこに「嫌悪感」しか抱きません。

そこであなたのその行動で非常に迷惑しているから辞めて欲しい、ときっぱりと拒否する姿勢を見せてください。

ストーカー加害者が知人であるケースが非常に多いので、メッセージのやりとりなどをしていた仲であるケースも多いでしょう。

こうしたメッセージを利用してもいいですし、誰かに付き添ってもらって直接伝える、知り合いに伝えてもらう、という手段をとってもいいでしょう。

とにかく大切なのは、ストーキング行為は迷惑だからもう辞めて欲しいと、はっきり伝えることです。

はっきり自分の意思を伝えたのにも関わらず、さらにストーキング行為が継続すればストーカー規制法に抵触します。すると警察にも動いてもらいやすくなるのです。

必ず”ストーカー行為を辞めるよう”意思表示をしてください。

日本人特有の「事を荒立てない対応」はNG!

日本人特有とでも申しましょうか。事を荒立てずに「なぁなぁ」で終わらせようとする感覚は私にもわかります。

しかし一方的にメッセージアプリなどで好意を伝えられ続けて、会いたいと言われているストーカー被害者も多いはずです。

そんなとき
・今日は都合が悪い
・体調が悪い
・仕事だから会えない

と、のらりくらりとかわすような対応は逆に危険です。

ストーカー加害者は自分の都合のいいように考えてしまいます。

都合が悪くなければ大丈夫。体調がよくなれば大丈夫。体調が悪いなら看病してあげよう。仕事で会えないなら仕事場に行けば会える。

このように被害を受けている方からは理解できない考え方で支配されてしまっています。日本人特有の事を荒立てない対応は避けなければなりません。

メッセージを完全にブロックするのは逆効果

ストーカー被害のキッカケとして、SNSやメッセージアプリに執拗にメッセージを送るケースがあります。

被害を受けている方からすれば迷惑以外の何物でもありません。

しかしそこで一方的にメッセージをブロックしてしまうのは得策ではないのです。

それはメッセージ機能が唯一の接点だったのに、その接点が無くなってしまうと、あらゆる手段を使って接点を作ろうとします。

例えばフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNSアカウントを遡り、よく立ち寄る場所で待ち伏せする、会社に来てしまう、などの行動へと移り変わってしまいます。

こうなるとストーキング行為のステージが1段上がってしまいます。このようにステージが1つ1つ上がってしまい、最終的に被害者に攻撃をするようになってしまいます。

メッセージに安易に返信してはいけない

では来てしまうメッセージに対してどうすればいいのか。このメッセージには安易に返信してはいけません。

返信をするとストーカー加害者は、メッセージのやり取りができた、相手も自分に好意を持っている。と曲解をしてしまいます。

そのためメッセージが来ても安易に返信をしないようにしましょう。

しかしストーキングの加害者をずっと放置してしまうと、メッセージでは連絡が取れないから他の手段で接触をしようと考えるようになります。

そこでメッセージに返信をするのですが、そこでは

「付きまとい行為に迷惑をしているし、一切の接触はしない。辞めて欲しいと再三伝えているのに、改善がされないので警察に相談します。」

という内容を送りましょう。

証拠として異常なメッセージの数や内容を警察に提示して警察が動けば、加害者には警告がなされます。

この警告がされると多くのストーカー行為は収まってくれます。ストーカーとて人間ですから、逮捕や、社会的地位を失う行動は嫌がるケースも多いのです。

付きまといや無言電話、家にきてしまうなどの迷惑行為は記録を

警察からの警告を無視して、なおストーカー行為が継続してしまう場合はストーキングのステージが上がっていると考えてください。

そこで警察や専門家との相談は継続しながら、実際に受けたストーカー行為を記録して自衛するようにしましょう。

アプリなどのメッセージはもちろん、無言電話の回数、家に押しかけてきた回数や状況などを記録するのです。

このとき監視カメラが非常に役に立つので自分の持ち出しにはなりますが、後々警察へ被害を相談するとき強力な証拠になります。

平成28年の法改正で、自宅の近くをうろついたり、SNSなどへメッセージを頻繁に送り続ける行為もストーカー行為として認められるようになっています。

被害者への強すぎる思いから攻撃的になるケースも

ストーカー行為がエスカレートしてしまうと、相手への強すぎる、かつ、歪んた思いから攻撃的になってしまうストーカー加害者もいます。

どうせ自分のものにならないのなら、いっそ殺してしまおう、連れ去って逃げられない状況にしよう、と考えてしまうのです。

メッセージには過激な言葉が並ぶようになり、被害者としては身の危険を強く感じるようになるでしょう。

このような事態になれば必ず警察へ相談をしてください。

そしてこうした事実を警察に伝えて助けを求めてください。しかし過去には東京で音楽活動をしていた女子大生が重体となった事件を覚えている方も多いでしょう。

この事件は事前に警察に相談して、殺されるかも、と話していたにも関わらず、警察がなかなか動いてくれなかったと被害者の女子大生(当時)が手記に綴っています。

記録を取るのはストーカー行為をしている加害者だけでなく、警察との相談内容や聞き取り、事情聴取も含めて行うようにしましょう。後々警察が動いてくれなかったり、対策が遅れたときの証拠としても残せます。

また警察に確実に動いてもらうために、弁護士や専門家に同行を依頼するのも効果的です。

最悪の事態を避けるためにはまずはストーカー対策の専門家に相談を

このようにストーカー被害でお困りの方は、自衛ができる体制をなるべく早く整えるようにしていただきたいと思っています。

ただこうしたケースは1件ごとに事情が異なり、こちらに記した情報では不十分で個別対応が必要となる場合が多くあります。

間違った対応、遅れた対策などにより、最悪の事態となるのは避けねばなりません。

ストーカーリカバリーサポートでは、ストーカー被害者様へのご相談や、支援を行っております。

ストーカー被害に悩んでいる方、今ここで踏み出さなければ状況は悪化するばかりです。ストーカーリカバリーサポートまでぜひお電話ください。

全力でサポートさせていただきます。