ストーカー行為をやめた瞬間ってどんなとき?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害者にとっては「本当にやめて欲しい!」と常々考えているでしょう。しかしこれがなかなか収まらないものです。

ストーカー被害に悩まれている方にとっては、ストーカーの加害者が、ストーキング行為をやめた瞬間について、どんな心理状況なのかを知りたいという方も多いはずです。

一般論にはなってしまいますが、いくつか事例を紹介したいと思います。

ストーカー行為をやめた瞬間:警察からの警告

ストーカー行為をやめた瞬間、というのはやはりストーカー行為に対する代償があまりに大きいと知ったときです。

例えば逮捕などをされてしまえば会社や家族にもバレてしまうでしょうし、それだけならまだしも、解雇や離婚など、社会的なダメージを負う結果になってしまうかもしれません。

そんなときにはさすがのストーカーもちょっと立ち止まって考えるんです。

警察から警告を受けて、さらにストーカーを繰り返してしまい逮捕までされたらたまったものじゃない、と思えばストーカー行為は治まります。

ストーカー行為をやめた瞬間:治療をした

ストーカー加害者の中にも、ストーキングをしているから治療へ行くように説得をされ治療を受けてくれる人もいます。

その治療が成功したとき、「ストーカー」を認めることができ、脱却できる加害者もいます。

ストーカーが自発的に「やめる」のはほぼないと思っていい

実はストーカー行為をやめた瞬間はほとんどがこの2つでしょう。

加害者自らストーカー行為に気付き、ダメだと認識し、ストーキングをやめる、というケースはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

ここのところ、殺人事件に発展するような凄惨なストーカー事件は随分おさまっているイメージですが、小さなストーカーの案件は非常にたくさんあるんです。

加害者と被害者の間に入り「盾」に

ストーカー加害者に対して、やはり治療が必要でしょう。ただすでにストーカー被害を受けている方にとっては、そんな時間は待てませんよね。

そのため専門家を間に入れて、一時的に矛先を我々のような機関へと孵るのも1つの手です。

もちろん加害者への電話連絡や、管轄の警察とも連携をとり、被害者の方を守る「盾」となります。

こうした対応は、やはり餅は餅屋。自分で気付けないストーキング行為だからこそ、対応はお任せいただけたらと思います。

メールが何百件も……こんなときは警察へ相談を

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

つきまといや待ち伏せ、自宅へ押しかけるなどわかりやすい「ストーカー行為」は警察へ、と考える方も多いでしょう。

しかし実害が出ていないメールやLINE、SNSのメッセージなどは、どうしたものかと悩んでいる方もいるかもしれません。

メールなどの場合はストーカーになるのでしょうか。

メールやLINE、SNSもストーカー行為に該当

メールやLINE、SNSでのメッセージについてもストーカー行為に該当します。

繰り返しメールなどを送ってはいけないのです。

オ 無言電話、拒否後の連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等
あなたに電話をかけてくるが、何も告げない。(無言電話)
あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてくる。
あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もファクシミリや電子メール・SNS等を送信してくる。

とにかく「拒否すること」がまずポイントなのですが、メールを何通も送り付ける行為は立派なストーカーとなります。

メッセージが何百件も来ているのは「異常」

ストーカーの特徴として、ストーカーは自分本位の考え方をします。メールを異常なほど送り付けたら、被害者はどう思うのか、という相手の立場に立って考えられないストーカー加害者も多いのです。

そのためどうにかして自分の思いを伝えたい、と躍起になっている可能性があります。

ストーカーであることを認識していないか、認められないか、どちらかです。メールが大量に送られてくる、というのは明らかに異常であり、ストーカー行為の1つです。

ストーカーがエスカレートする前に警察へ相談を

メールが大量に届いて、困っているのならばそのまま放置してはいけません。

ストーカー行為がエスカレートして、実害が出る前に警察へ相談をしておきましょう。このとき届いている大量のメールは証拠保全のために残しておきましょう。

ストーカー規制法ができる前はこれだけでは動けなかった警察も、今や変わってきました。

ストーカー加害者に対して、拒否をする反応、次は警察へ通報する、とけん制してもなお、メールが続くようであれば警察へ相談して警告を出してもらうように動きましょう。

また一人では心細い、警察へどう相談したらいいのかわからない、という方は私が間に入ることもできますので、どうかご安心ください。

電話やメールでの相談もさせていただいていますので、ストーカーリカバリーサポートへご連絡をお願いいたします。

ストーカーに遭ったときの自己防衛でできることは?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害に遭ってしまうと、「ストーカーに遭わないように」とは考えるものですが、実際に遭ってしまうと何もできない、声も出せない、という方もいるようです。

恐怖の対象が突然目の前に現れればそれも仕方がないことかもしれません。

そこでストーカー被害に遭ったときに、自己防衛ができるようにどんな対策をしておけばいいのか確認してみましょう。

ストーカーの自己防衛:移動は複数で

ストーカー被害からの自己防衛として、移動は複数人でするのをおすすめします。ストーカーは基本的には一人なので、複数の人間がいればそれだけで抑止力になります。

そのためには親しい友人や家族などに、ストーカー被害に遭っていることを知らせて同行をお願いするようにしましょう。

ストーカーの自己防衛:緊急通報の方法を確認

ストーカーはいつ襲ってくるのか分かりません。つきまといが続いているだけならばまだマシですが、実際に傷害事件などへ発展する可能性はゼロではありません。

そこでお手持ちのスマートフォンをご覧ください。

ロックがかかっている方も多いと思いますが、実は緊急通報に限ってはロックを解除せずともかけられる仕組みになっているものも多いのです。

何か起きてからでも落ち着いて通報ができるように、スマートフォンで緊急通報の仕方をチェックしておきましょう。普通に電話を立ち上げて「110」を押すよりも確実にスピーディに連絡ができます。

ストーカーの自己防衛:警察にストーカー被害を訴えておく

ストーカー被害を受けているだけで、被害を訴えなければ警察はその事実すら知らないままです。

あまりにしつこいようならば基本的なことではありますが、警察へ被害を訴えるようにしましょう。

警察からの警告により、ストーカーがピタリと収まるケースも少なくありません。

ストーカーの自己防衛:防犯ブザーを持つ

もしストーカーに遭遇して、110番をする暇がないときには防犯ブザーも有効です。防犯ブザーは何も小学生の子供だけの持ち物ではありません。

大人にとっても立派な自分を守る道具の1つです。

けたたましい警告音は、嫌でも周囲の視線を集めてしまうものです。

できることを1つずつやっておこう

ストーカーの対策としてできることは、1つずつ小さな事柄でもいいのでやっておくようにしてください。

「もし万が一……」という場合を考えて行動をしていただきたいのです。

何せ事件が起こってしまってからでは遅いんです。

自己防衛をしてストーカー被害に遭わないように、日ごろから対策を心がけておきましょう。

SNSへ投稿する画像を加工して”身バレ”を防ごう

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

皆さんが楽しんでいるSNS。これらの写真から貴方の身元や住所などが特定されてしまう可能性は少なくありません。

「え?こんなことが…!?」

と思う部分までストーカーは探ってきます。

身元の特定は難しくない!?

現在、身元を特定するのにSNSにアップされた画像などが使われています。

ありとあらゆる情報を使って、対象者の情報を暴こうとしてきます。

ストーカーとは少し違いますが、インターネット上で「特定班」と呼ばれる人がテレビの取材で「一般人の特定なら1時間程度で情報入手が可能」と言っていました。

旅行の写真や自宅での料理の写真、あらゆるところに情報源となるものが詰まっているんです。

瞳を解析するのは常套手段

スマートフォンのカメラが高性能になってきており、瞳の中まではっきり映り込んでしまうようになりました。

そこでアップされた写真などを見てみると、瞳の中には色々な個人情報が移っています。

それこそ自宅の窓からの長めや職場、行きつけの場所など、風景がはっきりと映り込んでいる可能性もあります。

試しに自撮りをした写真をアップにしてみてください。

撮影者がいる場合は撮影者などもしっかり映り込んでいますよ。

編集ソフトで瞳の中は加工しよう

フリーの画像編集ソフトがたくさんありますので、瞳の中は加工して個人情報を守るように心がけましょう。

自分で見ても「大丈夫かな?」と感じる程度でも用心するに越したことはありません。

こちらと合わせてご覧ください。

SNSやネットでストーカー被害に遭わないために

こうした特定スキルを今や探偵だけでなく、一般の方も多くの方が身に付けています。

楽しい便利なSNSを凶器へと変えてしまわないよう、自衛できるところは自衛をしていただくよう心がけましょう。

ストーカーの気持ちが分かる動画

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカーは危険、怖い、話が通じない、と色々なイメージを持っている方が多いと思います。

私もストーカー相談の専門家として色々な情報を集めていますが、1つ動画を紹介したいと思います。

実際のストーカーの気持ちを知るには一番いいのでは? と思います。

初めて見たときには私もびっくりしました。

何せストーカーの方と接触して、ホームパーティへ招待するという企画なのですから。

ストーカーは何を考えている?

この動画を見る限りでは

・2週間ほど前からストーカーされている
・自宅もバレている
・ストーカー本人はストーカー行為そのものを「良くない行為」だと自覚している。

こんな状況です。

普通の人は真似をしてはいけません

ストーカーの状態がまだデンジャー、ポイズンになっていない。
ストーカーが1人で女性。
動画投稿者とカメラマン、他複数の男性がいる。

このような状況だからこそ、撮影ができたのだと思います。

決して真似をしないように……。

カバンにナイフなどが入っていれば、ケガだけでは済まされなかった可能性もあります。

依存症とストーカーの治療

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカーというと皆さんこんなイメージをお持ちではありませんか?

「何を考えているか分からない怖い人」
「放っておくと事件を起こすかもしれない」

昨今の凶悪lなストーカー事件を見ているとこのようなイメージを持っている方も多いと思います。

ストーカーが何を考えているのか、ストーカーがどんな行動を起こすのか、こちらのブログでも他のメディアでも語られている通りですが、知れば知るほど「依存症」に似ているんです。

アルコール、ギャンブル、薬物 依存症とは?

依存症とは、厚生労働省のQ&Aにこう記されています。

特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること

代表的なのがアルコールやギャンブル、薬物もそうですね。

例えば何をしていてもギャンブルのことを第一に考えてしまう。その結果家庭や仕事などが手に付かない。やがて金銭的にもひっ迫した状況になり取り返しがつかない事態になってしまう。

依存症として専門家ではない我々がよく考える依存症の結末でしょう。

依存症もストーカーもその人の心が弱いわけではなく病気

依存症は固い意志さえあればすぐに治るものではありません。依存症の治療プログラムはカウンセリングやグループディスカッションなどを行い、さらに専門家がチームを組みじっくりと治療していきます。

依存症については「治療」という概念がずいぶん一般的になっているのではないでしょうか。

対してストーカーに関してはそうでもありません。

ストーカー事件を起こし逮捕されたとしても、治療プログラムの受講や入院などが強制されているわけではありません。

ストーカーに対しても一般的に「治療すべき」という認知を広げていく必要があると常々感じています。しかしストーカーの治療も依存症の治療と似ている側面があります。

依存症は背景にストレスなどが重なることも多い

依存上には色々な種類がありますが、依存症を引き起こす背景には幼少期からの生い立ちや生活のストレスなどが重なることが多いと聞きます。

依存のエネルギーを趣味に注ぐとか、何かで気を紛らわせるだとか、そういった行動では結局その原因は取り除けないんです。

ストーカーはどうでしょうか。

ストーカーの場合、治療方法は似ていますが、背景にあるものが少し違う場合もあります。

ストーカーを引き起こすものは自分を認めて欲しいという気持ちです。これには幼少期の生い立ち、その環境によるものが大きいと考えています。

プロセスは違ってもどちらも治療が必要になる

上に述べたケースが全てではありませんが、依存症には治療が必要です。そしてまたストーカーも同じように治療が必要です。

アルコール依存症などではアルコールに依存して、家族が不幸になり、自らの心身に悪影響を与えます。

ストーカーの場合は、特定の相手に執着してしまい、被害者をとことん追い詰める結果になってしまいます。そして最悪のケースでは傷害事件、殺人事件へと発展してしまいます。

依存症の治療体系が確立されている中、ストーカーの治療体系はまだまだ十分であるとは言えない状況です。

ストーカーは逮捕したらそれで終わりではありません。またすぐに再犯を繰り返してしまう可能性も高いのです。

この再犯率を下げるためにはストーカーも依存症と同じく、治療が不可欠なのです。

ストーカーに諦めさせる方法とは?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害に日々悩んでいる方は「どうにかして現状を脱したい!」と考えている方ばかりだと思います。

日々続くつきまといに神経をすり減らして、身も心もボロボロになってしまうストーカー被害者も少なくありません。

そこでストーカー被害者の願いと言えば、どうしたらストーカーは諦めてくれるのか、という点でしょう。

ストーカーに諦めさせる方法があるのでしょうか。

ストーカーが諦めるときは自分に不利益になるとき

ストーカーが諦めるときのケースを考えてみたいと思います。

どれだけ拒否をしても、どれだけもうやめてほしいと言っても全く収まらないストーカー行為。

そのストーカー行為を収束させるためには、ストーカーにとって、ストーカー行為が不利益になると自ら判断したときでしょう。

なにしろストーカー被害者に対して、どれだけ拒否をされようとも「話をすれば分かってくれる」と心から信じているんです。

被害者に対して「嫌われる」という感情はストーカーにとっての不利益にはなりえないのです。ストーカー行為そのものが自分の不利益になる、と思わせたときでなければストーカーは諦めてはくれません。

ストーカーだって自分の生活が大切

ストーカー行為が不利益になるケース、とは一体どんな場合なのでしょうか。それはストーカー行為によって職を追われたり、仕事に支障が出たりするなど、自分のこれまでの生活が脅かされるケースです。

その一番大きな武器となるのがやはり警察から逮捕されること、でしょう。

例えば仕事に就いているストーカーだったとして、いくら勤務態度が真面目でもストーカー行為で逮捕されれば、会社の耳に入るのも時間の問題。

ストーカーとして逮捕された人間を会社はどう思うでしょうか。

それを考えるとストーカー自身も「職を失うかもしれない」と考えます。まず自分の生活基盤あってこそなので、逮捕されるかもしれない、とストーカーに思わせれば、それが諦めてくれるタイミングとなるでしょう。

ストーカーを諦めさせるためにできることは?

ストーカーを諦めさせるには、ストーカーに「逮捕される可能性がある」と思わせるのがポイントです。

ではそのためには何をすればいいのかと言えば、ストーカーをされている証拠を集めるのが一番でしょう。

・執拗に送られてくるメール
・繰り返されるSNSへの書き込み
・プレゼントなどを繰り返し送付してくる

など、色々なストーカーの定義に当てはまる行為を記録しておくようにします。メールやSNSへの書き込みは内容だけでなく、日付や時間なども記録できるとなおいいでしょう。それに家の前の防犯カメラの映像なども大きな証拠になります。

なぜならこれらの証拠が揃わないと、警察も動くに動けないからです。逆に証拠さえそろっていれば、こちらにかなり大きな武器となるのは間違いありません。

ストーカーは拒否されても変わらないと考える

ストーカー被害者にとって大切なのは、どれだけこちらが「嫌だ」と言っても、ストーカーの加害者にはまるで伝わっていない、と考えるべきです。

仮にやめてほしい、と言うメッセージが伝わっていればありがたいのですが、ストーカーの心理としては拒否をされればされるほど執着します。

「話をすれば分かる」

「そんな貴方が怖がっているような人じゃない」

と思っています。被害者が誤解をしていると思い込んでいるんですね。

その誤解を解こうと、これまで以上に躍起になってこちらに接触を試みてくるんです。

社会的にダメージを受けるのをストーカーは嫌がる

実際にストーカー行為をやめるよう通告しても、ストーカーにとって社会的ダメージはありません。

ただこれが公権力によって裁きを受けたらどうなるでしょうか。いわゆる警察に逮捕されたら……ということです。

職を失い、家族がいれば家族を失う可能性もある。

さらに自分が生まれ育った土地であれば、あっと言う間に噂は広がってしまうでしょう。

こうした社会的なダメージが大きくなってしまうかもしれない。と考えたときにストーカーを止める抑止力になってくれるんです。

誰だって警察に逮捕などはされたくないものです。ストーカーが諦めるときは、説得されたからという場合は少ないんです。

自分が社会的にダメージを受ける可能性があると感じると、ストーカー被害は大きく減っていく可能性があるでしょう。

ただ社会的ダメージを受けてでも「殺してやりたい!」というデンジャーの状態となったストーカーは、個人の手に負えるものではない可能性があります。

そのあたりの見極めはなかなか難しいものがありますので、ぜひ相談をいただければと思います。

ストーカーは「自分を認めてもらいたい」承認欲求の塊

ストーカーとは、特定の人につきまとい等を続ける行為であり、被害者にとっては迷惑以外の何者でもありません。

しかもストーカーに対して「やめてくれ」と言っても通じる相手ではなく、ずいぶんと悩まされている方も多いはずです。

今日はそんなストーカー加害者の性質についてちょっと触れてみたいと思います。

ストーカーは他人に認めてもらいたい

ストーカーはとにかく他人に認めてもらいたい性質があります。仕事でもプライベートでも、認められると嬉しいものですが、ストーカーはその思いが人一倍強いのが特徴でしょう。

だからこそ社会ではストーカーに加害者になってしまう人は、仕事ができる、ごくごく一般常識を持った人、などという印象です。

認めてもらいたいから仕事もがんばりますし、常識的な人間でいるよう努めるんです。

認めてもらえないとどうなる?

ただここで認めてもらえないとどうなるでしょうか。

ストーカーには恋愛が絡んでくるケースが多い理由がここにあります。

いくらいい人であっても、いくら容姿が優れていても、願いが叶うとは限りません。
結婚相手がすでにいたり、特定の彼氏/彼女がいたりと、自分だけの力ではどうにもならないケースがでてきます。

もちろん好みなどもあるでしょうしね。

一度ストーカーが「この人が好きだ」「認めてもらいたい」と思ったらそのことで頭がいっぱいになるんです。

するとどうしても認めてもらえなかったその相手に対しても執着してしまうのです。それでも届かない思いは、いずれ「悲しい」という感情に変わります。

「悲しい」のにも関わらず「認めてもらいたい」

多くの人はここで、納得はできないまでも引き下がる人が多いでしょう。いつまでも好きだと言いながら、時間とともに傷が癒えていくというのが一般的な感覚かと思います。

「何をしてでも認めてもらいたい!」「どんな手を使ったって手に入れたい!」とは思わないでしょう。

しかしストーカーになってしまうい人は「認めてもらいたい」という思いが根底にあります。そこには相手の気持ちは考えられません。

話をすれば分かる、と異常なほど電話をかけ続けたり、メッセージを送り続けたりという行動も全てはこの承認欲求の強さによるものです。

拒否されたときに激しく憎悪の心が燃え上がる

悲しい感情から認めてもらおうと電話をしたりメールをしたり。はたまた直接コンタクトを取ろうと努力をしても、なおストーカー行為は拒否をされるでしょう。

被害者からすれば、どれだけ言っても伝わらない、得体のしれないものを見ているような感覚で、恐ろしくなります。

それは拒否をされて当然だと客観的に見れば思いますが、ストーカー加害者はそんなことには全く気付いていません。また気付いていてもそれを認めようとはしません。

そこで悲しい感情になりながらも拒否をされたときに、感情は一気に反転。「憎い」という攻撃的な感情が生まれてきます。

いわばポイズン、デンジャーの状態となってしまうのです。

承認欲求は人間の成長にとって必要だが

承認欲求は人間が成長していく上で、絶対に必要なもので、決して悪ではありません。ただストーカー加害者となってしまう人の場合、この承認欲求が強すぎる傾向にあるようです。

「認められたい」「人から尊敬されたい」という感情は上手くすれば自分を成長させる方向に向きますが、ストーカーの場合はこれがつきまといという方向に出てしまっているんですね。

承認欲求を認めつつも、ストーカーをやめさせる方法。これがなかなか難しく事態が深刻化する原因の1つでもあります。

ストーカー被害は10人いれば10人ともに対応が変わってきます。一般論だけではなかなか上手く事態を収束するのは難しいものです。

ストーカー被害にお悩みの方は、専門機関へのご相談を最初にされるのをおすすめします。もちろん私もそういったご相談をお受けしておりますので、お気軽にご連絡ください。

SNSやネットでストーカー被害に遭わないために

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

元々ストーカーは、顔見知りの犯行がほとんどを占めていましたが、急激に増えつつあるのがSNSを元にしたストーカー。

ストーカー被害者は知らず知らずのうちに個人情報や居場所を流出させてしまっているのかもしれません。

一度チェックしてみてください。

アップされる写真に位置情報が埋め込まれている!?

写真を撮影するときに保存されるのは、実は写真だけではありません。

お使いのスマートフォンやカメラの設定にもよりますが、どこで撮影されたものなのか、位置情報が埋め込まれてしまっている場合があります。

位置情報が削除されていなければ、アプリなどで位置情報が確認できてしまうのです。

そのため必要なければスマホで撮影したときに位置情報が記録されないようにしておきましょう。

方法はスマートフォンによって違いますが、設定→アプリ→カメラと辿っていくと、このような画面が出てきます。

ここで位置情報をOFFにしておきましょう。

これでスマートフォンで撮影された画像に、位置情報は入らなくなります。

自宅からの眺望を背景に入れるのは危険

よく自撮り画像をSNSへアップされている方がいます。

高層マンションにお住まいの方や自宅近くのカフェから、などというメッセージとともにSNSを上げている方も多いでしょう。

特に気を付けた方がいいのが、自宅からの眺望を背景にしてしまうのは避けましょう。

「こんないいところに住んでいるんだよ」

と、フォロワーからいいねを集めたい気持ちも分かりますが、最近のスマートフォンのカメラは非常に高性能。

大きなランドマークがいくつか確認できれば、そこから方向を割り出すことは容易です。すると周辺道路の状況もある程度あたりが付けられます。

そして過去の投稿などを遡って「○Fに住んでます」などのメッセージを見れば、かなり住所は絞り込めてしまうものです。

「ついうっかり」郵便物などが移りこまないように

室内の様子を撮影した写真も同様です。机の上に郵便物を置いておく方も多いと思いますが、これまたスマートフォンのカメラが高性能となることで、拡大すると文字まで見えてしまいます。

郵便物が移ってしまうと、住所や部屋番号、本名までを世界に発信しているということになってしまいます。

自分の行動をSNSに 行動パターンがばれる

自宅でのセルフィー以外にも、よく行く飲食店や職場近くのレストランなどを定期的にアップしている方は行動パターンが読まれてしまう危険性もあります。

本当にストーカーをしようという人は、過去の投稿まで遡って隅から隅までチェックしています。

○曜日の夜はここにいる確率が高い、会社のランチタイムはここによく来ている、帰宅は○○駅に何時くらいの電車に乗ることが多い。など。

ストーカーをしない人にとっては何気ない投稿でも、ストーカー加害者にとってはあなたの居場所を割り出すための貴重な情報源なんです。

炎上したときに怖い「スネーク」とは?

SNSではまれに炎上商法と呼ばれる、他人からの反感を買ってわざと注目を集めようという手法も存在します。

こうした炎上をした人のアカウントには必ずたくさんの注目が集まるものです。そしてネット上での匿名。さらに集団心理によって面白がって炎上したアカウントの特定が始まります。

こうした炎上したアカウントの身元を調査する人などを指して「スネーク」と呼ばれています。

元々は確かゲームのキャラクターのニックネームだったと思いますが、こうしたスネークと呼ばれる人も、ストーカーと同じほうにSNSなどから情報をたどっていきます。

もちろんSNSで炎上などしない方がいいのですが、もし炎上してしまったら、個人を特定されて個人情報が日本全国にバラまかれます。

ストーカーでも同様のことが言えますので、SNSの対策は万全を期していただくようお願いいたします。

ストーカーに誓約書は有効か?

ストーカーリカバリーサポートの守屋です。

ストーカー被害に遭っており、相手の顔や名前、連絡先も分かっている。顔見知りがストーカー加害者の多くを占める現実から、このようなケースはたくさんあるでしょう。

ストーカー被害者は周囲の人に相談をするのも自然な流れの一つと言えるでしょう。

そこでストーカー行為をもうやめさせよう、と誓約書をお互いにかわすという手法を取る場合もあります。

さて、ストーカーに対する誓約書は、はたして有効なのでしょうか? ちょっと考えていきたいと思います。

ストーカー加害者との誓約書は法的には有効である

まず作成した誓約書は、必要事項が記入されており、間違いなく本人のものであれば法的に有効な書類であるのは間違いありません。

そのため誓約書の内容をストーカー加害者が破れば、それを元に違約金の支払いや処遇などを求めることができます。

ストーカー加害者に「ストーカー行為」を認めさせなければならない

誓約書を作成するにあたりストーカー加害者にも、誓約書の内容を認めさせる必要があります。

ストーカー加害者には、ストーカー行為をしているつもりがない、という無自覚なストーカーもいますので、ここが一番骨が折れる作業かもしれません。

これまでのストーキングを整理して、事実を認めさせる。そして署名捺印をもらうというなかなかハードルが高い作業になります。

改めて誓約書の内容を確認すると……

誓約書の内容を確認してみましょう。

おそらくですがどんな誓約書にも、誓約が守られない場合にどうするかが記載されているはずです。

違約金だったり、警察への訴えだったりを定めているでしょう。

「警察沙汰にしたくない!」という被害者の希望で、知人などを頼って誓約書が交わされるケースも多くあります。

この誓約書を交わすことで、相手をストーカーをさせないよう拘束する効果を期待しています。

「デンジャー」のストーカーには誓約書はただの紙切れでしかない

ストーカーの立場になって考えてみましょう。

誓約書を交わした場合、誓約を破れば警察に通報され、逮捕されてしまう可能性もあります。

また違約金の支払いが生じてしまう場合もあるでしょう。

では誓約書を交わさなかった場合にはどうなるでしょうか。

誓約書を交わさず「もうやめてくれ」と言われているだけなら、ストーカーがエスカレートしてしまいます。

逆に誓約書を交わさずに、警察にストーカー被害を訴えた場合は、警察から警告を受ける場合もあります。

ここで考えていただきたいのが、ストーカーを縛っているのが、違約金や警察への通報、警察からの警告などです。

誓約書を交わしてストーカーが収まるのならば、おそらく誓約書を交わさず警察へ警告を出してくれるよう訴えれば、ストーカーにとってダメージは一緒。ストーカーにとって逮捕のリスクが高まるわけですから。

ここでストーカーが「どうなってもいい」と非常に危険な状態であるデンジャーになっていたらどうでしょうか。

誓約書も警察からの警告も簡単に破ってしまいます。誓約書が抑止力として機能しなくなってしまうのです。

こうした危険な考え方に陥っているストーカーは、「あなたを殺して、私も死ぬ」という偏った思考になってしまっています。

この場合、誓約書はただの紙切れになってしまいます。

誓約書を交わしたから安心ではない

誓約書を交わすと、なんだかこちらが主導権を握ったような気がしてしまいます。しかしそれで全てが終わるわけではないことを、知っていただきたいと思います。

誓約書が交わされても法的な効力があったとしても、一切お構いなしのストーカーもいますので、ぜひご注意いただきたいと思います。

とはいえ誓約書そのものは法的には有効な手段の一つです。ストーカー被害に悩まれている方は、対策の1つとして考えられてもいいでしょう。