ホームページ開設のご挨拶

皆さん初めまして、私がStaiker Recovery support代表兼寄り添いパートナーの守屋と申します。

私は活て立件こそされなかった物の、6件ものストーカー行為を反復してしまっていた元ストーカー加害者です。

ストーカー犯罪と言う物は、幾らストーカー規制法の厳罰化を推し進め、例え最高刑が仮に死刑なり無期懲役になったとしても、ストーカー犯罪者にとっては法の網を掻い潜り己の欲望が達成されればそれで良いと 思っている為、何ら法的抑止力にはならない事が より一層ストーカー犯罪に拍車を掛けています。

そんな観点から 、ストーカー被害者を卑劣なストーカー犯罪から守る為には規制を厳罰するだけでなく加害者に医学的治療や心理的カウンセリングの必要性が昨今叫ばれる様になってきました。

しかし、現実問題として、現在の日本での依存症治療特に非物質依存症で有ります俗に言われる「ストーカー病」に関しては、政府も未だ手探り状態で何らこれと言った解決策が見出せていないのが現状で有ります。

それに、薬物以外の依存所患者に関してはダルクの様な更生支援施設も無く、特に性犯罪と同一視されていますストーカー加害者に取っては事実上更生支援施設は皆無と言っても過言では有りません。

そんな中で、今現在「ストーカーの呪縛」から完全開放され元の平安な生活を取り戻せた喜びを、今度は自らの加害体験を元にストーカーに特化した被害者の為の加害更生支援活動やストーカー犯罪心理についての啓蒙活動などをする事で微力ながら社会に貢献したいと思い、今回元ストーカー加害者として実名を出して活動する事になりました。

私も現在、正社員として正業も営んでいる為、24時間と言っても仕事の合間合間での対応になるとは思いますが、加害者に取って一番大切な事は何といっても自分が不安な時それが例え深夜でも寄り添い親身に対応してくれる真心なので有ると私は考えます。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*