未分類

ストーカーからの回復のゴールとは?

北海道の男性加害者と久し振りに電話で話した。
彼は昨年の9月の末頃深夜、突然電話で相談してくれた。当時、丁度関東を股がるストーカーによるバラバラ死体遺棄殺人事件が発生した時期と重なり、彼はマスコミ報道を見て、もしかすると自分はストーカーかも知れないと不安に駈られ私のホームページを見て電話して来てくれた。

私は先ず、自らをニュースで見た犯人と重ね合わせ、危機感を持ち勇気を振り絞り遥々電話して来てくれた彼の勇気を心から讃えた。

その中で彼は「とにかく彼女に申し訳なく謝りたい。それで彼女に何度か電話やメールをしてしまった。」「しかし電話は着信拒否されメールをしても返事が帰ってこず苦しくて、もしかすると自分はストーカーではないかと思い電話しました。」「今はタバコと缶コーヒーばかりで、殆ど御飯が喉を通りません。」

そして「来年の6月には彼女の近くに仕事で転勤する事に決まっていますが、それ迄に何が何でも回復したい」と苦しい窮状を私に訴えた。

そんな彼に私はストーカーから回復する上で必要な事柄を此れから毎日反復復唱し行動する様にアドバイスした。

「①人は例え夫婦、親子と言えども別人格で有り、何を如何に考え様と何をしようと自由で有り他人は支配できない」

「②何が有ろうともストーカー行為等の違法行為はしない。」

そして、ストーカーから回復する上で最も大切な「③如何なる状況に有ろうとも自らの感情を相手に処理して貰おうとせず自らの感情は自らジョリー出来る様に鳴ること。」

そして、「ストーカー行為をやらないストーカーにならない毎日を一日一日積み重ねて行く事」をアドバイスした。

彼は其れを真摯に受け止め更に私が薦めたアドラー心理学も自ら率先しパソコンで検索しストーカーから回復する為、貪り努力した。そして、私が被害者と連絡を取り合い、被害者の本心を彼に伝え、今後一切彼女と接触してはならない事を伝えた。
そして彼はその日の内に宣言療法による決別宣言を清く受諾した。

その後、毎回電話によるカウンセリングの度に決別宣言の復唱を何度もして貰い、色々カウンセリングし、「アドラー心理学入門」の本を彼に贈り読んで貰いながら3カ月余りたった昨晩彼は「今では、相手に対して興味も関心すらなくなり、非常に楽になりました。お陰様で通常の生活に戻れました」と喜んでいた。

ストーカーからの回復脱却のゴールとは、「依存対象者に対し、一切の興味や感心もなくなり、通常の生活を取り戻せる事に有る。」
一時期は食事も喉を通らず不眠症に喘ぎながら生きる望みを失いかけ七転八倒の苦しみを味わいはしたが、彼の脅威的な回復意欲と並々ならぬ努力により見事ストーカーから回復脱却したと言い切っても過言ではない。」

ストーカーから回復するとは

私が、ストーカー加害者の更生支援を始めてから早くも約4ヶ月余りが過ぎ去ろうとしている。

そして今現在、関西地方の女性ストーカー加害者と関東地方の集団ストーカーの被害者の方の御相談に乗らさせて頂ける様になった。

特に今現在、関西地方の女性加害者は奇しくも今月が依存対象者の彼の誕生月に当たると言う事で、彼女は非常に精神的に不安定になりナイフを見なければ平静を保てない等、自傷他害の恐れも有り目を離せない状況に有ると判断している。

私から「何が有ってもストーカーをやらない、ストーカーにならない毎日を無事に積み重ねて行こう。その毎日の積み重ねこそが、やがてストーカーから回復脱却したと言う事になるから」と指導された事も有り、其れを忠実に守らなければ見捨てられるかも知れないし、況しては彼女自身 某県警からストーカー規制法による口頭警告も受けている事も有り、今更何を足掻いても被害者と一切連絡を取れない事も分かっている為、八方塞がりの中自分の感情を上手く処理出来ず苦しんでいる。

その為、自分の気持ちの拠り所を求めてもない現状に、実際に自傷をやるやらないは別として衝動的に自傷を考えてしまうのだ。

しかしながら、此だけ禁断症状も有り精神的にも追い詰められるストーカー病から果たして回復出来るのか?

答えはYesで有る。

先ず、ストーカー病から回復すると言う事はどう言う事か?

それは、依存対象者に対する関心その物が全く無くなり、又例えフラッシュバックが頭の中で起きたとしても自らの感情を自ら処理できる様になっている事だ。

此の様にストーカー病から回復するには

その1.先ず自分はストーカー加害者で有りストーカー病と言う依存症疾患に羅患している事を認める。

その2.被害者との未来永劫の決別を決断する。

その3.人は何を考えるのも何をするのも自由で有る。但し、著しく社会通念上逸脱した行動を取った場合、自ら道義的責任は取る形になる。

その4.絶対に違法行為はしない。

その5.自分の感情は自分で処理する。

その6.ストーカーをやらない、ストーカーにならない毎日を毎日無事積み重ねていく。

以上を念頭に置いて、更生支援者と共に日々回復に務め適切なカウンセリングを受けて行けば必ずストーカー病から回復出来る。

その為の手助けを私はさせて頂いています。

私は被害者の方は元より、事一度関わらせて頂いた加害者の方はストーカーから回復する迄何が有っても見捨てたり絶対に致しません。

何故なら、其れがストーカー加害者の更生支援だからです。

私は24時間被害者の方、加害者の方の苦しみに耳を傾けています。

何時でも御相談心からお待ちいたしています。

 

元ストーカー加害者として「東京アイドル刺傷事件」に思う事とは 東京

今日のニュースで「東京アイドル刺傷事件」の被害者の方が今月の3日には奇跡的に意識を回復していたと言う報道を見てホッとした。

しかし、私は過去某ハラスメントカウンセラーにテレビ番組の中で「元最も危ないストーカー」と迄言われたストーカー加害者として

本来は非常に喜ばしい報道で有るはずの「意識回復」朗報が、当の被疑者である此の加害者に取って、どの様なもので有ろうか?

本来ストーカー加害者と言う者は、自己感情処理能力が未発達で未成熟な為、自分ではコントロールしたり処理したり出来ず誰かに依存、執着する事で他人に自分の感情を充足して貰おうとする。

そして、一度ターゲットを見つけ出すと自己の感情を充足して貰おうとしアプローチするが、一度相手に断られたり又満足させて貰えないとなると、相手の気を惹く為にお世辞を言い変に媚びを売ったり、かと思うと馬事雑言を浴びせかけたりと、兎にも角にもターゲットに振り向いて貰おうと涙ぐましい努力をする。

しかし、そんな状況下ならば当然の如く相手に無視されたり電話メールしても、そっけない対応や無視されたりする。相手が無視したりメール等でも返事が返って来ないと言う事は望み薄で有り、正常な大多数の人は「望みはない若しくは嫌われている」と認識し諦めるのが普通である。

しかし、ストーカー加害者と言う生き物は相手の迷惑等意に介さず、一度「この人しか自分の思いを分かってくれる充足してくれる人はいない」と勝手に頭の中でスイッチが入ってしまえば、自己感情のみの充足の為だけに捕らわれてしまう為、本来はつきまといや複数回電話並びに複数回メール等をすればするほど関係性の回復等有り得ず、益々窮地に陥る行為も「誤解を解きたい、先ずは話したい、振り向いて貰いたい」と言う思考に捕らわれ平気で何の躊躇もせず行えてしまう。そうすれば益々嫌われ怖がられ、やがて着信拒否やブログをブロックされたりと、自らを窮地に追い込む形になり やがて二進も三進も行かなくなるわ頭の中は益々依存対象者の事で一杯になるわで益々混乱し、忽ちストーカーの世界指標基準で有るリスク、デンジャー、ポイズンの内の最も危ないポイズンの危機的状況に陥り「相手に嫌われ二進も三進も行かない。このままでは相手は他の人に取られてしまう。自分を追い込んだ相手が憎いが好きで好きで堪らなく苦しい。だから、もう相手を殺して自分だけの者にしてしまおう」と言う所有欲に捕らわれ、今回の犯人は殺害を当然の如く決意し犯行に及んだ。がしかし加害者は当然死んでくれると思っていた被害者が意識が回復したと司法当局から聞かされても「あ~被害者の意識が戻っって良かった」と思う所か被害者を殺しきれず「相手が他の男性にやがて取られてしまう」と言う又もや異常な不安感に襲われると共に異常な迄の挫折感に見舞われ、刑務所を出所した暁には今度こそ確実に被害者を仕留めようと画策していると推察される。

正常な一般の方では到底理解出来ないのが 「ストーカー犯罪心理」の異常性なので有る。

では、どのようにすれば加害者が出所後被害者に対しお礼参りとも言うべき再犯を防ぐ事が出来るのか?

それは、刑務所でストーカーに特化した医学的治療と更生プログラムを構築し出所迄に徹底的に治療並びに矯正し、彼が出所後迄に欧米の様に「ストーカー規制法」の一部改正する等、ICタグを加害者に取り付ける事を法制化する事で義務化し出所後の行動を司法当局が常に把握できる体制作りを急がせる一方、加害者が出所後24時間望めば何時でも更生支援を受けられる支援体制作りも政府主導の元必要不可欠なので有る。

被害者の命を守る為のICタグの法制義務化は、加害者の人権侵害とかプライバシーの侵害とかは言っておれる状況ではなく、刑務所を出た元ストーカー犯罪者や性犯罪者の再犯を食い止める為にも是非共必要不可欠な法整備なので有る。

その先駆けとして今私の団体で行い始めた極め細やかな加害者更生支援こそストーカー犯罪から被害者を守れる優一の方策だと考えます。

守屋

 

ストーカー加害者相談窓口の必要性

久しぶりに更新いたします。

今現在、東京のアイドル刺傷事件以降ストーカー犯罪に対し社会的に関心度が異常に高まっていますが、幾らストーカー規制法等の法規制を厳罰化しても肝心要の加害者の更生無くしてストーカー犯罪の撲滅は有り得ません。

確かに、医学的治療や臨床心理士等によるカウンセリング等の試みも大切で有り必要では有ります。

しかし、それだけで果たしてストーカー加害者が更生脱却出来るのでしょうか?

それは、NOと言わざるを得ません。

ストーカー加害者に対し世間の大多数は「悪」と見なし、まるで鬼畜に等しい眼差しで蔑み敵意を剥き出しにし彼ら彼女らの心からの苦しみ叫びに対し余りにも無関心で有り、それは大多数の「ストーカー相談」を名乗るNPO法人、任意団体も例外ではなく、彼ら彼女らがストーカー特有の執着心からの禁断症状等から苦しくて「解決策を見出したい回復したい」と藁をも掴む思いで必死で相談サイトを見つけ出し実際に電話しても件モホロロに、時には諭され又時には蔑まされ電話をガチャ切りにする酷い団体も有ります。

又有る依存症の更生保護施設に問い合わせても「我々の施設の近隣住民からの理解が得られない。それに施設には女性もいるから、お引き受けできない」とまるで汚い物でも扱うかのような対応をされるばかりで、ことストーカーに対する相談窓口や更生したくても更生施設が皆無に等しい現状に日本のストーカー犯罪を取り巻く現状が発展途上と言わざるを得ません。

そんな中有る加害者の方が私の団体に、勇気を振り絞り1本の電話で涙を流しながら苦しい窮状を訴えて来て下さいました。

それまでに、沢山電話したそうですが全部真面に相談に応じてくれる団体は無かったそうです。

どんなにこの方は苦しく辛かった事か私はそれを思うと居た堪れなくなりました。

確かにストーカー犯罪は卑劣かつ凶悪犯罪に豹変しかねず憎い犯罪では有りますが、加害者の回復無くしてストーカー犯罪の抑止は有り得ないのです。

私は、一度関わらせて貰った加害者は回復脱却出来るまで何時でも出来るだけ24時間電話なり直接対応に無料で応じています。

本当に苦しんでいる加害者に取っては、深夜でも朝方でも寄り添って更生支援してくれる誰かが常に必要なのです。

勿論、被害者の方の相談も24時間何時でも受け付けており、被害者の方に代わって加害者対応も出来るだけ無料で対応させて頂いております。

そこには、真心が必要なので有ります。

守屋

お知らせ

予定していました第1回加害者更生ミーティングは諸事情都により中止いたします。

御理解のほど宜しくお願い致します。

 

愛犬の急死によりブログの更新出来ませんでした。

去る5月1日の夜8時10分にドライブの帰りに後僅か2,3分で自宅に帰れると言う時に愛犬チワワの大吉が器官虚脱と心不全により自動車の中で嫁に抱かれながら息を引き取りました。

享年10歳7か月の短い人生を走馬灯の如く駆け足で駆け巡り、私達夫婦に精一杯癒しを与え自らの役目を終えたかの様に、急に神に召され天国に旅立ってしまいました。

私が、有るマスコミの取材時での経緯を切っ掛けにA・Kにストーカーになってしまった時も大吉は私を励ましてくれました。、そして私のストーカー病が最も悪化した最悪の状態の中でA・Kに無残にも切り捨てられ最早生きる望みも何もなくなり、自暴自棄寸前で東京から大阪に逃げる様に帰った最悪の時でも愛犬大吉は器官虚脱で苦しい中、私を多いに勇気付け治療意欲を湧き起こさせてくれました。

そして、下総精神医療センターの平井愼二DRの病院に入院する際の病状をも愛犬大吉は具に観察していて私を見守ってくれました。

私が下総精神医療センターに入院中も嫁を精一杯癒してくれ、私がストーカー治療で不在中でも多いに嫁を愛嬌一杯に励ましてくれていました。

とにもかくにも、私の全てに嫁と共に大吉は寄り添ってくれた大切な愛犬でした。

そして私が長かったストーカー病との闘病生活を終え、やっと色々と生活基盤も立ち直り今回の様な活動を始めだしたのを待ちかねた様に、そして自らの役目が終わったとでも言う様に神に召され天国に旅立ってしまったチワワの大吉に心から感謝いたします。

私は、暫らく大吉の急死を受け止める事が出来ず悲願に暮れ苦しみましたが、アドラーが言う様にトラウマやペットロスと言う物は存在せず自ら苦しむ選択を己の意思によりしているに過ぎないので有ると言う原点に立ち返り漸く立ち直りました。

私が、ストーカーから立ち直ったのを待ちかねた様に天国に召された大吉の為にも精一杯苦しんでいる被害者の為、自らの加害体験を生かす事で加害者に寄り添い更生までサポート出来る活動をする事が大吉に対する一番の供養になると考えます。

 

ホームページ開設のご挨拶

皆さん初めまして、私がStaiker Recovery support代表兼寄り添いパートナーの守屋と申します。

私は活て立件こそされなかった物の、6件ものストーカー行為を反復してしまっていた元ストーカー加害者です。

ストーカー犯罪と言う物は、幾らストーカー規制法の厳罰化を推し進め、例え最高刑が仮に死刑なり無期懲役になったとしても、ストーカー犯罪者にとっては法の網を掻い潜り己の欲望が達成されればそれで良いと 思っている為、何ら法的抑止力にはならない事が より一層ストーカー犯罪に拍車を掛けています。

そんな観点から 、ストーカー被害者を卑劣なストーカー犯罪から守る為には規制を厳罰するだけでなく加害者に医学的治療や心理的カウンセリングの必要性が昨今叫ばれる様になってきました。

しかし、現実問題として、現在の日本での依存症治療特に非物質依存症で有ります俗に言われる「ストーカー病」に関しては、政府も未だ手探り状態で何らこれと言った解決策が見出せていないのが現状で有ります。

それに、薬物以外の依存所患者に関してはダルクの様な更生支援施設も無く、特に性犯罪と同一視されていますストーカー加害者に取っては事実上更生支援施設は皆無と言っても過言では有りません。

そんな中で、今現在「ストーカーの呪縛」から完全開放され元の平安な生活を取り戻せた喜びを、今度は自らの加害体験を元にストーカーに特化した被害者の為の加害更生支援活動やストーカー犯罪心理についての啓蒙活動などをする事で微力ながら社会に貢献したいと思い、今回元ストーカー加害者として実名を出して活動する事になりました。

私も現在、正社員として正業も営んでいる為、24時間と言っても仕事の合間合間での対応になるとは思いますが、加害者に取って一番大切な事は何といっても自分が不安な時それが例え深夜でも寄り添い親身に対応してくれる真心なので有ると私は考えます。